樹木医試験の勉強方法




樹木医になるためには

樹木医試験に合格する必要があります。具体的には、どうしたらいいのでしょうか?

  • 何を使って勉強する?
  • どうやって勉強する?
  • どれくらい勉強する?
  • 樹木医になるための費用は、いくらかかるの?

そんなお悩みの一助になればと記事にしました。

自己紹介

「ミドリ」のお仕事15年🌳

樹木医「コッコ」🐓

エクステリア・ランドスケープ

デザイン、工事、メンテ、計画など

現在、9万m2の緑地を

キレイにするため日々

チョコチョコと、歩きまわっています🐓

私は、こんなレベルでした。

  • 2年間がかりで樹木医合格
  • 用語が分からない所からスタート
  • 1日の最低勉強時間、15分
  • 貯金0

こんな方には、オススメの樹木医試験の勉強法です。

  • 0からはじめる方
  • 日常が忙しい方
  • 長続きしない方など

ある程度、植物知識があって、勉強に集中できる方には向いていない方法と思います。

のんきな私🐓が、受かるまでにした事を記事にしていますので、ご了承くださいね。

樹木医試験の勉強に必要なもの3つ

樹木医研修受講者選抜試験問題集 (最新版をオススメ)

これを解くことから、すべてが始まります。5年分の過去問です。

これをマスターすることで、間違いなく合格に近づきます

ですので、必ず必要な本です。

勉強をはじめる時点での最新版の購入をオススメします。

一般社団法人 日本樹木医会

https://jumokui.jp/archives/book-store

②最新・樹木医の手引き(改訂4版)

この本も必ず必要です。

なぜなら、2つの理由があります。

・樹木医の勉強する基礎本であること。

・一次審査を合格したあと、WEB研修・筑波で1週間研修があります。

そこで、この「最新・樹木医の手引き」が講義の中で頻繁に使われます

なので、樹木医になる方は買う必要があります


確かに、高いですよね…

 

メルカリか、中古で購入というのも手です。

しかし、私は本に書き込んだり、マーカーを引いたりするのに新品を購入しました。

また、樹木医になった後でも活用することができ、試験突破の大きな手助けを担ってくれる重要な本です。

思い切ってスタートを切りましょう!

③A4ノート

次の理由で必要です。

・自分で書いて、覚える

・問題を作って、復讐する

・写真、図など貼る

樹木医試験の勉強方法

過去問を、1日【最低3問】解く

必ず、1日に新しい問題を3問解いてください。

なんだ、簡単じゃん!!…

 

そう思ったアナタ…

そんなに甘くはありません。

やれば分かりますが、知らない問題を3問解くのは、硬い氷をアイスピックで砕くイメージです。

過去問を一巡するのに、心が何度も折れそうになります。

だから、多くの人もそう感じるのです。ということは、「続ける」というだけで、合格に近づけることになります。

 

解いたら、以下の5つ行動します。

・問題の横に、解いた日付

・問題の横に、「正解○、間違い×、自信がない△」を記す

・解答.解説をしっかり読む

・分からない単語、内容を調べる

・調べた内容を解説付近にメモする(参照もとの本やページを記入しておくと後でたどることができます)

このときに使うのが、以下のモノです。

・最新・樹木医の手引き(改訂4版)

・WEB

・図書館(絵本も参考になります)

②翌日、「新しい3問+先日に間違えた問題」を解く

次の日にやることは、以下の通り。

昨日の△と×を解く→「再度取り組んだ日付」と「その結果(○、△、×)」を記入

・つぎの新しい問題を3問解く

※要は正解の「○」がつくまで、毎日解くことになります。

③5年分の過去問を、3回繰り返す

3回目に到達すれば、1回目に問題を解くときよりも、問題への抵抗感も大きく減ってきています。

ここまで来たらシメたものです。

3回目のころには、「何が弱点か」が分かってきているはずです。

④弱点をノートに書く(受験2ヶ月前)

先の弱点が分かれば、A4ノートに「穴空き問題」を作ります。

回答は、すぐ確認できるよう横に書いておいた方がストレスは少ないです。

そして、受験日当日まで繰り返して解きます。

⑤記述対策(受験2ヶ月前)

・記述も少なからずパターンがあります。

以下の方法で情報を集めました。

・購入した過去問に一部掲載

 

・WEBで過去の情報収集

こちらのページを参考にさせていただきました↓

ykumagai 趣味のホームページ

http://www.ink.or.jp/~ykumagai/jyumoku/sakubunn/sakubunn01.htm

・一般財団法人日本緑化センター「グリーン・エージ」からも問題が出ることがあるそうです↓

一般財団法人日本緑化センター

http://www.jpgreen.or.jp/greenage/

※私は興味がありそうな目次のある1冊だけを購入しました。全部買って読んでいたら大変なので…

 

・記述は3問ありますが、そのうち1問に「松枯れ病」か「ナラ枯れ病」が出ることが多かったように思います。

・パターンから、自分で「最新・樹木医の手引き」から、問題を作る。

→自分で作った問題への解答を作る

→それを暗記する

試験勉強に必要な時間

①過去問を10ヶ月

1日に新しい問題を必ず3問は解く

過去問中心なので、以下のようになります。

・33問×5年分×3回=495問

つまり、10ヶ月(300日)で、495問解くことになります。

・495問÷300日=1.65問

疲れてできない、サボったり…と考えると…

・1.65問×2倍=3.3問…

「1日に新しい問題を必ず3問は解く」となります。

②弱点ノート作成・記憶を2ヶ月

「過去問」と「最新・樹木医の手引き」からピックアップして作成

私の場合、大学ノート(76ページ分)に1ページにつき、2〜3問を作り、全部で190問ほど作成しました。

1日3問ペースということになります。これを覚えるまで繰り返して解きます。

③記述対策を最後の1ヶ月

過去のパターンを考えて、問題を5つ作ります。

山を張るのですか?…(@_@;)

 

その通りです。

当たり外れは、もちろんあります。

しかし、出る問題がみんな分かっているなら、皆受かります。

 

ここで大切なことは

記述に答えるための「文章の組み立て方」を覚えることです。

ここまで来ると、ある程度知識がついています

記述で、文の組み立て方が分からないと「致命傷」となります。

 

分かっていれば、今までに身につけた知識を材料に文章を作ることができます。

なので、もう一度大切なことを言わせていただくと次の2つです。

・記述に答えるための「文章の組み立て方」を覚える

・本番で想定外の問題が出るのが当たり前。「学んだ知識で文章を組み立てられる」ようになっておく

合格までの最低費用…西日本発で22万円

正直、これでもカツカツでした。

二次審査期間の最後は、食費を切り詰め、書籍も買えず状態でしたから。

受かるつもりなら、お金も必要です。

テキスト代 13300円

過去問…3900円

最新・樹木医の手引き…9400円

筆記用具代 1400円

大学ノート…400円

多機能ペン…1000円

ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 MSXE5-1000

※個人的にこのペンがオススメです。仕事で今も使い続けています。書きやすくて、軽く、4色ボールペンとシャーペンがついています。これ一本で勉強から研修、その後の仕事まで使えるタフなお友となっております。

一次審査代金 18000円

一次審査合格後)二次審査の研修費用110.000円

こちらをご参照ください↓

一般財団法人日本緑化センター

http://www.jpgreen.or.jp/treedoctor/treedoctor3.html

その他にかかる費用

・一次審査の交通費

・二次審査の交通費

・二次審査中の宿泊費(6泊7日分)

・二次審査中の食費(21回分程)

※朝食は事前予約で1回500円ほどで数回食べていました。食堂前に記入用紙があり、前日の晩までに希望者はチェックを入れておく形式でした。

※昼はコンビニ弁当600円ほど

※晩ごはんは近くのラーメン屋、中華料理屋900円ほど

※上記の食事を続けていると、最終3日前には、コーンフレークでしのぐという”せつない状況”になっていました\(゜ロ\)

・二次審査中の交際費…仲良くなったメンバーで食事や近くに観光へ行きました。

※これが予算外で食費を圧迫。だけど、楽しかったです(*^_^*)

・二次審査終了間際の書籍販売(予算なく買えませんでした。通常価格より安かったのに…)

・合格後は、日本樹木医会に入会10000円、年会費12000円(日本樹木医会正会員)、年会費3000円など(各都道府県樹木医会による)がかかります。

活動詳細

また、5年ごとの更新制になっており「登録更新手数料11000円」がその都度かかります。

http://www.jpgreen.or.jp/treedoctor/koushin_t/index.html

反省点

勉強を始めたのが遅かった

【前年】

4月勉強開始→7月下旬一次審査テスト→8月下旬発表→不合格→休眠

【翌年】

翌年1月勉強再開→7月一次審査テスト→8月下旬発表→合格→10月中旬二次審査・研修→11月中旬発表→合格

お金を貯めておくこと

かなり費用がかかります。受かるまでと、受かった後もお金のことを考えておく必要があります。

試験前後の時間を確保

特に重要なことがこれです。二次審査の3週間の間は「仕事から切り離せるよう手を打っておく」(ここが意外と社会人にとって大きな壁となります)

 

以上、樹木医試験の勉強方法についてまとめてみました。

 

合格後は研修会の機会もふえるので、合格後がスタートといった感じです。

樹木医と名乗ることは、諸先輩方のお力でその認知度があるので、かなりはじめは勇気がいります。

名刺に入れることも最初はどうしたものか考えたものです。しかしながら、自分は樹木医であると名乗ると問い合わせや課題がやってきて、それを解決していくことで自覚が強まっていきます。日々、勉強です。また、有りがたいご縁ができ、樹木医同士のつながりで、新たな発見や仕事の助けになることもあります。

樹木医を目指される方の一助になれば幸いです。

それでは、また👋🐓…

菌根菌とは?【植物を強力にサポートする大切なお友達】  

剪定の切り口にぬる薬【癒合剤の使い方】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA